GarageBand for iPadのアップデート

0

世間は新しいiPadで盛り上がっているようだけれど、懐事情が厳しいし、ひっそりとiPad 用のGarageBand もアップデートしてたみたいなので、インストールに時間が掛かってるうちに、メモがてら。

目玉はやっぱり、音符エディタかと。微調整というのはピアノロールになるのかな。
後からの修正だけじゃなくて、いちから入力ができると嬉しいんだけれど、この書き方だと微妙。
でも、音符エディタで微調整ができるとなると、スマートベース、スマートキーボードのパターンもいじれるわけで、新しいパターンというのも嬉しいかも。

あとはバウンスできるようになって、実質使えるトラック数が増えたと。

今までのは気軽に楽しむにはいいけど、ちょっと物足りない、こうだったらいいのに、って所がちょいちょいあって、これだけで作り込むのは、トラックのやりくりとかちょっとした工夫が必要で、正直面倒だったんだけど。
漸くメインとして使えるようになったという感じですかね。

てか、はやくインストール終わってくれないと。
キャプチャ画像すら載せられないし・・・。

 

以下引用
バージョン1.2の新機能

• ジャムセッション機能で、iPad、iPhone、iPod touchを使っている最大3人の仲間と演奏やライブ録音ができます*。
• Smart Stringsで完全な弦楽オーケストラを指揮できすることができます。
• 音符エディタを使えば、Touch Instrumentsの録音を修正したり、微調整することができます。
• トラックの結合機能を使って複数の録音を1つにまとめれば、空のトラックを追加できます。
• iCloudを使って、すべてのiOSデバイス上でGarageBandの曲を最新の状態に保てます*。
• Facebook、YouTube、SoundCloudに曲を直接アップロードして共有できます。
• 新しいSmart Bass音源を使い、レトロまたはモダンなシンセベースでベースラインやグルーブを生み出せます。
• 新しいSmart Keyboard音源を使い、シンセサイザーのメロディーやアルペジオを演奏できます。

追記

クリップを選択して出てくるところの右端【編集】で音符エディタ画面へ。

音符エディタはこんな感じ。

左上のスイッチ(赤いところ)で新しいノートを追加と、編集を切り替える。
iVOCALOIDみたいに指でなぞってもうまくいかなくて、タップして置いてから、長さを伸ばす感じ。もう一回タップすると消える。
左側には楽器毎に鍵盤だったりフレットだったり、ドラムのアイコンで表示されてわかりやすい。

ピンチイン・ピンチアウトで縦も横も拡大縮小もできる。

編集時には、一つのノートに指を置いたまま、他のノートをタップすると複数選択できて、まとめて移動とか、伸ばしたりもできる。
ノートをタップすると「カット」「コピー」と並んでVelocityの項目あり。
スライドで調節できる。嬉しい。

普通のキーボードやドラム選んで、トラック画面の何もない所でタップすれば「編集」が出るので、何もない所から打ち込みも可能。ただこの場合、一小節分しかできないので、編集画面から抜けて、クリップを伸ばす必要があるっぽい。
編集画面でクリップの長さを調節する方法あるのかな?ちょっとわかんないです。

ちなみにループの左隣の音符が、俺が使わないセッションのボタンで、ブルートゥースを有効にするかどうかを聞かれた。そして、落ちた。
やり直し。「セッションを作成」ボタンと、セッションに参加(ジャムセッションを検索中)との表示。ホストになれば録音してデータを集められるっぽい。

あと、増えたスマートキーボードとベースはシンセ系が四つかな。
まだちゃんとならしてません。



co-ta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です